おはようございます。
西東京かけっこクラブコーチの尾崎です。

ずいぶんと日中が暑くなってきましたね。
かけっこの練習に参加する時は水分を多めに持ってくることと、
必要であればキャップも準備しておきましょう。

今週の西東京かけっこクラブの練習は、年に3回のアビリティ測定でした。
全クラス共通でメディシンボール投げと、立位体前屈のチェック。

メディシンボール投げは走ることと直接関係ないように思えますが。
実はとても密接な関係があります。

特に短距離走においてはものすごく重要!!

すごくざっくり言うと、メディシンボール投げが得意な人は
スタートダッシュも強いと言えます。

足の力を上手く上半身に伝えて、一気に爆発させる能力です。
今回の記録を参考に、目標を立てていきましょう!!

立位体前屈は柔軟性そのものをはかるというよりは。
最低限の可動域が確保できているかをはかります。

身体が柔らかいからと言って足が速くなるわけではありませんが。
硬すぎると遅くなる原因の一つにはなります。

今回ので硬かった人はしっかりストレッチを継続するようにしましょう。


来週は1000m測定のため、井の頭公園西園での練習となります。
練習時間は同じです。

※子供達にも話していますが、もし近隣で1000mの測定を安全に行える場所をご存じでしたら是非お教えください。



IMG_1396
IMG_1400
IMG_1404
IMG_1409