WINGSPRINTかけっこクラブ

運動の基本を身につけて「得意」と「自信」を育てよう!!

WINGSPRINTかけっこクラブ イメージ画像
全てのスポーツの基本となる陸上競技の練習をベースに「速く走る」「長く走る」「遠くに投げる」「高く投げる」「跳び越える」「素早く反応する」といった、ジュニア期にもっとも重要で成長する能力を育てると同時に、スポーツをする楽しさと、スポーツを通した精神面の成長をお手伝いします。

習い事

三鷹かけっこクラブの武田です。 雨宮コーチが長野県で行われている美ヶ原トレイルランという45kmの過酷な登山マラソンに出場しているため、かわりに武田コーチがブログを担当します。 昨日はあいにくの雨模様でしたが、雨の日はかけっこクラブのスタジオで室内練習を
『色々な動きで』の画像

江戸川かけっこクラブの武田です。 梅雨の時期になり不安定な天気が続いていますが、江戸川かけっこクラブでは6月最後の練習を行いました。 B1・B2クラスは合同で1000mの測定を行い、長い距離でもスピードをどれくらい保って走れるかを確かめました。 練習途中か
『雨ニモマケズ』の画像

江戸川かけっこクラブの武田です。 6月はアビリティ測定が中心ですが、姿勢を保って走ったり動いたりできるようにバランスをとりながらいろいろな動作を行うトレーニングも取り入れていきます。 身体のバランスが上手くとれるようになると走るときのブレが
『バランスをとりながら』の画像

江戸川かけっこクラブの武田です。 梅雨の天気が時折顔を覗かせるようになりましたが、晴天に恵まれた6月第2週目の練習では新しいドリルの練習と重いメディシンボールを投げるアビリティ測定を中心に行いました。 ハードルを使ったドリルでは地面に足を素早く接地して
『重いボールを遠くまで』の画像

江戸川かけっこクラブの武田です。 夏のような暑さになる日も徐々に多くなってきた6月の最初の練習では新しいドリルを確認していきました。 新しいドリルはハードルを跳び越えることと正確な動きを続けることの2つの課題を同時にクリアしていかなければな
『2つの課題をクリアする』の画像

↑このページのトップヘ